ゆなゆなゆな

スピリチュアル
スポンサーリンク

どんな会社の成功を支えるのも、人だ。マネジャーのいちばん大事な仕事は、部下が仕事で実力を発揮し、成長し、発展できるように手を貸すことだ。われわれには成功を望み、大きなことを成し遂げる力を持ち、やる気に満ちて仕事に来る、とびきり優秀な人材がいる。優秀な人材は、持てるエネルギーを解放し、増幅できる環境でこそ成功する。マネジャーは「支援」「敬意」「信頼」を通じて、その環境を生み出すべきだ。

「支援」とは、彼らが成功するために必要なツールや情報、トレーニング、コーチングを提供することだ。彼らのスキルを開発するために努力し続けることだ。すぐれたマネジャーは彼らが実力を発揮し、成長できるよう手助けをする。
「敬意」とは、一人ひとりのキャリア目標を理解し、彼らの選択を尊重することだ。会社のニーズに沿う方法で、彼らがキャリア目標を達成できるよう手助けをする。
「信頼」とは、彼らに自由に仕事に取り組ませ、決定を下させることだ。彼らが望んでいることを理解し、必ず成功できると信じることだ。

1兆ドルコーチp.72,73

評論系の文章を書く時は、既存の考え方を要約して紹介しながら、その発展系という形で自分の考え方を挿入するのが一般的である。従って、国語で試される要約能力の高さは重要な資質となってくる。

元の文章の論旨を正確に反映している程、正確な学識の発展が見込める。元々の風情を感じて感性を洗練させたければ、自分の言葉でなくそのまま引用するのが良いが、私的使用のための複製という建前を保てる規模でなければならない。

評論系の文章を読む目的は新しい考え方を吸収する事だが、書く目的は寧ろ古い考え方への理解を深める為だと私は考えている。結局のところ、飯の種になるのは既知(世間)の学説であって、未知(自分)の学説は誰と飯を食べるかの問題となるだろう。

どんな形式の文章でもテンプレート(雛形)があって、その方法に沿って練習していけば、誰でもある程度の水準に達する事ができる。真新しい文章術や論旨は求められておらず、テンプレートを洗練させていく事で読者が増えていく。

自分の書きたい事を好きな形式で書いてなおかつ人気もほしいという場合もあるだろう。その場合はやはり引用を上手く使いこなす事が重要となってくる。ただし、引用が禁止されている文章も多いので、利用の際は注意しなければならない。

誰でも引用を用いる事で、既知の学説への理解の深化を担保させつつ、他の部分では常識からかけ離れた勝手理論で無双して、恐らくは読者のインスピレーションを刺激する事になる。現在普及している学説も、昔は新説の一つに過ぎなかったのだ。

神秘主義的な文章になってくると、書いてある文章の論旨よりは使われている一言一句が重要になってくるし、なんなら複製で効力が消える場合もあるので、天然の著作権を持っていると言えるかもしれない。

蛇足だが、精神世界で活躍する人達は、稼げる本業を持っているか過去に持っていて、副業としてやっている場合が多い。精神世界の分野を生涯の本業として身を立てるのはかなり難易度が高いと言えるかもしれない。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
スピリチュアル
スポンサーリンク
ユダヤワールドプログレス