EVENT201

スピリチュアル
スポンサーリンク

シナリオ

イベント201は、コウモリからブタ、そして人へと伝染する新しい人獣共通コロナウイルスの発生をシミュレートし、最終的には人から人へと効率的に伝染し、深刻なパンデミックを引き起こします。病原体とそれが引き起こす病気は主にSARSをモデルにしていますが、軽度の症状を持つ人々は地域社会でより感染しやすくなっています。

この病気は、ブラジルの養豚場で最初は静かにゆっくりと始まりますが、その後、医療現場でより急速に広がり始めます。南米のいくつかの大都市の低所得で密集した地域で人から人へと効率的に広がり始めると、流行は爆発します。それは最初に空の旅でポルトガル、米国、中国に輸出され、次に他の多くの国に輸出されます。最初はそれを制御できる国もありますが、それは広がり続けて再導入され、最終的にはどの国も制御を維持できなくなります。

初年度にワクチンが利用可能になる可能性はありません。病気を助けることができるが、病気の広がりを大幅に制限することはできない架空の抗ウイルス薬があります。

人口全体が影響を受けやすいため、パンデミックの最初の数か月間、累積症例数は指数関数的に増加し、毎週2倍になります。そして、事件と死が蓄積するにつれて、経済的および社会的影響はますます深刻になります。

シナリオは18か月の時点で終了し、6,500万人が死亡しています。感受性の高い人の数が減少しているため、パンデミックは減速し始めています。パンデミックは、効果的なワクチンが登場するまで、または世界人口の80〜90%が曝露されるまで、ある程度の割合で継続します。その時点から、それは風土病の小児期の病気である可能性があります。

https://www.centerforhealthsecurity.org/event201/scenario.html(Google翻訳)

EVENT201という言葉を聞いた事があるだろうか。

2019年10月18日金曜日午前8時45分から午後12時30分に、ニューヨーク州ニューヨーク市のピエールホテルで実施された、世界規模の感染症パンデミックのシミュレーション訓練である。

権威ある機関によるファクトチェックでは、本イベントがCOVID-19パンデミックに対する予行演習ではない事が宣言されているが、状況が酷似し過ぎている上にそもそも検証出来るような話でもない。

ジョンズホプキンスセンターフォーヘルスセキュリティが主催し、世界経済フォーラムとビル&メリンダゲイツ財団が協賛している。

賢明な読者諸君にはもう説明の必要も無いだろう。

↓ブログのランキングサイトに参加しています。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
スピリチュアル
スポンサーリンク
シェアする
ユダヤワールド