ワクチンが二次感染を予防する件

コロナ
スポンサーリンク

インデックスのワクチン接種状況(左から右)および連絡先のワクチン接種状況(上から下)による、連絡先間のSARS-CoV-2の粗攻撃率、オランダ、2021年2月1日から5月27日(n = 113,582インデックスケース) 、n = 253,168連絡先)SARS-CoV-2:重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2。パネルのn個の小計は、ワクチン未接種/部分ワクチン接種/完全ワクチン接種世帯の数、およびワクチン未接種/部分ワクチン接種/完全ワクチン接種指数の他の密接な接触を示します。 ケース。 たとえば、左上のパネルのn = 604は、完全にワクチン接種された発端者が604人のワクチン未接種の発端者を持っていたことを示します。

Google翻訳〔https://www.ncbi.nlm.nih.gov/labs/pmc/articles/PMC8343550/〕

ワクチンで自分自身への感染予防効果が期待できない事は分かったものの、他の人への感染を軽減する効果はあるのではないかと感じたので調べたらその通りだった。

僅かな発症予防効果や確かな重症化予防効果があるのなら、撒き散らすウイルス量が減るのではないかと感じた為だが、スーパースプレッダーは基礎疾患持ちが多い。

自分の命ではなく他の人の命を守る為にリスクのある遺伝子ワクチンを打つという選択肢はありうるようだ。ただ、妊婦や授乳中の人は流石にまずいような気もする。

この研究はオミクロン出現以前のものなので、もはや陽性率が10%を軽く越えている現状で打っても焼け石に水だし、やはり遺伝子ワクチンへの不安感は拭い難い。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
コロナ
スポンサーリンク
シェアする
ユダヤワールド