スパイクタンパク質のみの毒性②〜血液脳関門の破壊〜

コロナ
スポンサーリンク

2019年コロナウイルス病(COVID-19)は、2019年12月に中国の武漢県武漢で最初に発見された新しいSARS-CoV-2(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2)によって引き起こされます。SARS-CoV-2は数百万人に感染しています。 その結果、莫大な社会経済的コストが発生し、世界中で250万人以上が死亡しています。 COVID-19の病因は完全には理解されていませんが、データは一貫して、SARS-CoV-2が主に呼吸器および胃腸管に影響を与えることを示しています。 それにもかかわらず、蓄積された証拠は、SARS-CoV-2感染の病因に中枢神経系を巻き込んでいます。 しかし残念ながら、SARS-CoV-2によって誘発される中枢神経系の障害のメカニズムは完全にはわかっていません。 ここでは、SARS-CoV-2誘発性脳損傷の考えられる神経病原性メカニズムに関する文献をレビューします。 結果は、SARS-CoV-2神経浸潤における膜貫通プロテアーゼセリン2(TMPRSS2)およびカテプシンLの活性の増加を伴うアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)のダウンレギュレーションが、神経炎症反応と血液脳関門の破壊を誘発する炎症誘発性メディエーターおよび反応性種のアップレギュレーションをもたらす可能性があることを示唆しています。 さらに、ホルモンと神経伝達物質のシグナル伝達の調節不全は、SARS-CoV-2感染の神経病原性後遺症に関与する基本的なメカニズムを構成する可能性があります。ウイルスRNAまたは抗原ペプチドはまた、パターン認識受容体(例えば、トール様受容体)、核因子カッパB、ヤヌスキナーゼ/シグナル伝達物質および転写活性化因子、補体カスケード、および細胞自殺分子によって媒介される分子シグナル伝達経路を活性化または相互作用します 。 SARS-CoV-2によって誘発される神経学的損傷の潜在的な分子標的と治療法についても説明します。

Google翻訳+〔https://www.ncbi.nlm.nih.gov/labs/pmc/articles/PMC8021940/〕

新型コロナウイルスのスパイクタンパク質の部分のみでも毒性があるとする査読済み論文の一つである。現在実用化されているワクチンのうち使用が認められているものは全て、スパイクタンパク質で免疫誘導する事を目的としており、私が接種を目指すノババックス製の組換えタンパクワクチンも例外ではない。

仮にスパイクタンパク質のみに毒性があるのだとしても、自然感染した場合でもスパイクタンパク質に加えてウイルス全体に対応する必要がある。遺伝子ワクチンである事を度外視すればリスクの方が確実に大きいとは言い切れないが、体質的に絶対に打ってはならない対象の人達の範囲が広くなる可能性はある。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
コロナ
スポンサーリンク
ユダヤワールドプログレス