【重要】オミクロン亜種による第二波に警戒せよ

コロナ
スポンサーリンク

現在BA.2として指定されているシーケンスの2番目のグループは、オミクロンで最初に認められたほとんどすべてのスパイクRBD変異、および他のVOCで見られるNSP6欠失と同様にフューリン切断隣接変異の両方を持っています。これらの共有された突然変異のために、それは興味のある別の可能な変形として科学者によって調査される可能性があります。 ただし、この2番目のグループには、オミクロンで見られる一部のRT-PCRテストでS遺伝子ターゲットの障害が発生する変異がありません。
最初に検出されたBA.2ゲノムは、南アフリカのハウテン州で11月中旬(2021-11-17)に収集され、流行対応およびイノベーションセンターによって11月27日にGISAIDに提出されたサンプル(アクセッション:EPI_ISL_6795834)からのものでした。 、ステレンボッシュ大学およびKZN Research Innovation and Sequencing Platform、UKZN。 次に、南アフリカからの旅行者から12月の初め(2021-12-01)に収集されたサンプルから、クイーンズランド州公衆衛生感染症リファレンス(Q-PHIRE)ゲノミクスによって2番目のゲノムが提出されました。 その後、執筆時点で、カナダのトロントにあるPublic Health OntarioLaboratoryからさらに5つのゲノムが提出されました。 これは、この系統が活発に送信していることを示しています。

Google翻訳〔https://www.pango.network/updates-to-omicron-lineage-b-1-1-529/〕

現時点でオミクロン株には3種類の血統が存在する事が分かっており、BA.1、BA.2、BA.3と区別されている。日本で現在流行しているオミクロン株と呼ばれているものは、BA.1に対応する。

BA.3に関しては特に問題ないらしいが、BA.2はフランスやインドなどの多くの国々でオミクロン第二波を起こしており、感染者数が再び増加しているようで、日本でも同じ事が起きる可能性がある。

既にBA.1のオミクロン株に感染した人はBA.2に感染しても症状は軽いらしいし、現時点ではそれほど大きな問題ではないらしいが、PCR検査では陽性になるので感染者数は高止まりする事になる。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
コロナ
スポンサーリンク
シェアする
ユダヤワールド