ファイザー製のワクチンが接種後僅か6時間でDNAに逆転写する件

コロナ
スポンサーリンク

ファイザーとバイオエヌテックによって開発されたCOVID-19mRNAワクチンBNT162b2の前臨床試験では、BNT162b2注射を受けた動物に可逆的な肝作用が見られました。さらに、最近の研究では、SARS-CoV-2 RNAが逆転写され、ヒト細胞のゲノムに組み込まれる可能性があることが示されました。この研究では、invitroでヒト肝細胞株Huh7に対するBNT162b2の効果を調査しました。Huh7細胞をBNT162b2に曝露し、細胞から抽出したRNAに対して定量PCRを実施しました。Huh7細胞で高レベルのBNT162b2を検出し、内因性逆転写酵素である長鎖散在反復配列1(LINE-1)の遺伝子発現の変化を検出しました。BNT162b2で処理されたHuh7細胞上のLINE-1オープンリーディングフレーム-1RNA結合タンパク質(ORFp1)に結合する抗体を使用した免疫組織化学は、LINE-1の核分布の増加を示しました。BNT162b2に曝露されたHuh7細胞のゲノムDNAのPCRは、BNT162b2に特有のDNA配列を増幅しました。私たちの結果は、ヒト肝細胞株Huh7へのBNT162b2の迅速な取り込みが、LINE-1の発現と分布の変化につながることを示しています。また、BNT162b2のmRNAは、BNT162b2に曝露されると6時間以内に細胞内でDNAに逆転写されることも示しています。

Google翻訳〔https://www.mdpi.com/1467-3045/44/3/73/htm〕

コロナウイルスのRNAが人体に取り込まれる可能性がある事を示唆する結果は今までも出ていたが、今回はヒトの肝細胞に対してファイザー製のワクチンを曝露した実験である。

厚生労働省やこびナビではセントラルドグマを主張して散々否定していたものの、結局、逆転写は漏れなく起こるらしく、しかも、表題にあるように接種後僅か6時間で完了する。

逆転写により生成されたDNAがヒトの細胞核に取り込まれた結果、どのような悪影響があるのかのはっきりとしたデータはまだないが、少なくともウイルスの増殖は無いらしい。

ワクチンmRNAは長期残存(4ヶ月以上)する事も分かっており、長期に亘ってDNAに逆転写し続ける事が想定される為、細胞核がジャンクDNAだらけになるかもしれない。

ワクチンを繰り返し接種する事で、更にジャンクDNAが溜まって細胞核がゴミだらけになるわけだが、あんまり酷いとアポトーシス(プログラム細胞死)したりするんだろうか。

いずれにせよ、これまでの国や御用学者、マスメディアの主張は間違いだらけな上にコロコロ変わり続けてきた。彼等が提供する情報の真偽の確認は自分で行った方が良いようだ。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
コロナ
スポンサーリンク
シェアする
ユダヤワールド