各変異株の実効再生産数について

コロナ
スポンサーリンク

COVID-19のパンデミックは、公衆衛生に大きなリスクをもたらし続けており、SARS-CoV-2変異体の出現により悪化し、感染率が高くなり、ワクチンの有効性が低下する可能性があります。 SARS-CoV-2変異体の繁殖数について系統的レビューとメタアナリシスを実施し、各変異体のプールされた推定値を提供しました。

Google翻訳〔https://academic.oup.com/cid/advance-article-pdf/doi/10.1093/cid/ciac137/42540960/ciac137.pdf〕

変異株毎の実行再生産数について調べてみた。概ね1台前半を推移している。この研究ではオミクロンについては載っていないが、他の研究によると、暫定3.19でずば抜けている。

オミクロンでは感染機序が細胞膜融合からエンドサイトーシスが主に変わった事は前の記事で書いたが、この事実が子供が感染しやすくなった原因の一つであると言える可能性がある。

一方で、mRNAワクチンによるSタンパク産生は長く続き、コロナ急性期の病態と同程度の循環量となる為、Sタンパクのみに毒性がある事が分かった今では、接種のリスクもある。

他の変異株より高い実行再生産数のオミクロンだが、東大医研の研究では動物モデルで感染力や病原性は同程度以下であるとする結果が出ている為、理論上の説明が難しくなっている。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
コロナ
スポンサーリンク
シェアする
ユダヤワールド