スポンサーリンク
スピリチュアル

真実の眼

 前/後の混同は、現代社会において、さまざまな問題を引き起こしています。その多くは、「前ー合理的段階」の幼稚な世界観が「後ー合理的段階」の成熟した世界観に「引き上げ」られてしまうか、「後ー合理的段階」の成熟した世界観が「前ー合理的段階」の...
スピリチュアル

使徒言行録第9章第1〜19節前半

さて、サウロはなおも主の弟子たちを脅迫し、殺害しようと意気込んで、大祭司のところへ行き、ダマスコの諸会堂宛ての手紙を求めた。それは、この道に従う者を見つけ出したら、男女を問わず縛り上げ、エルサレムに連行するためであった。ところが、旅の途中...
スピリチュアル

母の愛

ウィルバーは、インテグラル段階の発想の特徴を次のように簡潔にまとめます。インテグラル段階とは「誰もが正しく、また部分的である」ことを認識する意識構造である。インテグラル段階とは、世界に存在する多様な世界観や価値観が、ある特定の文脈のなかで...
スピリチュアル

情報帝国

どのような学習行為にしろ、その第一の目的は、学習によって得られる楽しさのうえに、なおそれが、将来われわれにとって役立つということである。学習は、ただわれわれをどこかにつれてゆくだけではなくて、将来われわれを、より容易に遠いところへ行かせて...
スピリチュアル

創世記第18章第16〜33節

その人たちはそこをたって行き、ソドムの方面を見下ろした。アブラハムは彼らを見送るために一緒に出かけて行った。その時、主は言われた。「私は、これから行おうとしていることをアブラハムに隠しておいてよいだろうか。アブラハムは必ずや大いなる強い国...
スピリチュアル

他山の石

反知性主義は、思想に対して無条件の敵意をいだく人びとによって創作されたものではない。まったく逆である。教育ある者にとって、もっとも有効な敵は中途半端な教育を受けた者であるのと同様に、指折りの反知性主義者は通常、思想に深くかかわっている人び...
スポンサーリンク