Googleロシア子会社が当局の銀行口座差し押さえにより破産申請

スピリチュアル
スポンサーリンク

モスクワ。 5月18日(Interfax)-ロシアの子会社が破産を申請する意図があるにもかかわらず、無料のGoogleサービスはロシアで引き続き利用可能であるとGoogleRussiaはInterfaxに語った。 同社のプレスサービスによると、これらはグーグル検索、ユーチューブ、Gmail、マップ、グーグルプレイサービスである。 同社は、現在、事務所が機能していないと付け加えた。 「Googleロシアの銀行口座の凍結により、ロシアのスタッフの仕事と給与、サプライヤーや請負業者との和解、その他の金融負債の履行など、ロシアのオフィスの運営が不可能になった」と報道機関は述べた。

Google翻訳〔https://interfax.com/newsroom/top-stories/79257/〕

これは、大変な事になった。Googleは過去に中国と一悶着あって同国市場からは撤退を余儀なくされたが、今度はロシアでも仕事が出来なくなるかもしれない。

大手メディアが流しているニュースと違って、今回の対ロシア制裁は全然効いていないとの噂もあるが、どうなんだろうか。寧ろ同国が潤っていると言っている所も。

西側諸国が国益を犠牲にしてロシアの国力を強化しているという見方も出来るらしい。非常に奇異な話で、中国への対立軸なのかもしれないが、組まれたらどうする。

邪悪な考えかもしれないが、中露両国が崩壊せずにGoogleの検閲が届かない楽園になるのであれば、中国語とロシア語を覚えれば好き放題出来るかもしれない。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
スピリチュアル
スポンサーリンク
ユダヤワールドプログレス