マタイによる福音書第26章第14〜16節

スピリチュアル
スポンサーリンク

その時、十二人の一人で、イスカリオテのユダと言う者が、祭司長たちのところへ行き、「あの男をあなたがたに引き渡せば、幾らくれますか」と言った。そこで、彼らは銀貨三十枚を支払った。その時から、ユダはイエスを引き渡そうと、機会をうかがっていた。

新約聖書〔聖書協会共同訳〕

アーメン。

↓ブログのランキングサイトに参加しています。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
スピリチュアル
スポンサーリンク
シェアする
ユダヤワールド