国立国際医療研究センター「ワクチン接種による成人の多系統炎症性症候群の恐れ」

コロナ
スポンサーリンク

概要
日本の32歳の男性は、コロナウイルス病(COVID-19)ワクチンの初回投与を受けた後、呼吸不全を経験しました。彼は非侵襲的換気とコルチコステロイドで治療されました。血清学的検査の結果は、以前のCOVID-19を示唆していました。したがって、彼は多系統炎症性症候群の診断を受けました。COVID-19ワクチン接種は、この状態の引き金となる可能性があります。

Google翻訳〔https://wwwnc.cdc.gov/eid/article/28/4/21-2585_article〕

新型コロナ罹患によって、小児が多系統炎症性症候群を併発する事があるのは知られており、mRNAワクチン接種によってもこの病気に罹った症例が何例か報告されていた。

今回の症例は、成人の多系統炎症性症候群である。主な症状は、重度の血管の炎症、発疹、激しい腹痛、発熱の継続、舌の腫れ、心臓障害、神経損傷などで小児と同じである。

研究によると、以前に新型コロナに感染歴のある人がワクチン接種を行った場合に発生するらしい。スーパー免疫の例があるように、より強力な免疫誘導が行われるのだろう。

多系統炎症性症候群にせよ、一般的な副反応とされている心筋炎にせよ、標準化された治療法が存在しない事が指摘されているし、自覚できない小さな後遺症が残る事になる。

やはり、遺伝子ワクチンによる免疫誘導は強力すぎて通常の罹患と大差ない状態を引き起こしてしまうようだ。スパイクタンパク質のみの毒性を検証して改良する必要がある。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
コロナ
スポンサーリンク
ユダヤワールドプログレス