救世主、ノババックス。未接種者に降臨なさるのか?

コロナ
スポンサーリンク

背景:NVX-CoV2373は、英国と南アフリカでのフェーズ2b-3試験で、コロナウイルス病2019(Covid-19)の予防に臨床的有効性があることが示された、アジュバント添加組換えスパイクタンパク質ナノ粒子ワクチンですが、その有効性は 北米ではまだテストされていませんでした。
方法:2021年前半に米国とメキシコで第3相無作為化、オブザーバー盲検、プラセボ対照試験を実施し、成人(18歳以上)におけるNVX-CoV2373の有効性と安全性を評価しました。 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)感染はありませんでした。 参加者は、2:1の比率でランダムに割り当てられ、21日間隔でNVX-CoV2373またはプラセボを2回投与されました。 主な目的は、2回目の投与の少なくとも7日後に発生する逆転写酵素-ポリメラーゼ連鎖反応で確認されたCovid-19に対するワクチンの有効性を決定することでした。 中等度から重度の疾患およびさまざまな変異体に対するワクチンの有効性も評価されました。
結果:2020年12月27日から2021年2月18日までの間に無作為化を受けた29,949人の参加者のうち、合計29,582人(年齢中央値47歳、12.6%≥65歳)が少なくとも1回の投与を受けました:19,714人がワクチンを受け、 9868プラセボ。 3か月の間に、77例のCovid-19が認められました-ワクチンレシピエントで14例、プラセボレシピエントで63例(ワクチン有効性、90.4%; 95%信頼区間[CI]、82.9〜94.6; P <0.001)。 中等度から重度の10例と重度の4例が発生し、すべてプラセボレシピエントで発生し、中等度から重度の疾患に対するワクチン有効性は100%(95%CI、87.0から100)でした。 ほとんどの配列決定されたウイルスゲノム(61のうち48、79%)は、懸念または関心のある変異株でした-主にB.1.1.7(アルファ)(懸念の変異株の35のゲノムのうち31、89%)。 懸念または関心のある変異株に対するワクチン有効性は92.6%(95%CI、83.6〜96.7)でした。 反応原性は、ほとんどが軽度から中等度で一過性でしたが、NVX-CoV2373レシピエントではプラセボレシピエントよりも頻度が高く、2回目の投与後は1回目の投与後よりも頻度が高かった。
結論:NVX-CoV2373は、Covid-19の予防に安全かつ効果的でした。 ほとんどの画期的なケースは、現代の変異株によって引き起こされました。 (Novavaxなどによって資金提供されています。PREVENT-19ClinicalTrials.gov番号、NCT04611802。)

Google翻訳〔https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34910859/〕

効果も問題なし、安全性も問題なし、作用機序も問題なし。見切り発車だろ。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
コロナ
スポンサーリンク
ユダヤワールドプログレス