【封印されし諸刃の万能薬】Ⅰ型IFN(インターフェロン)

コロナ
スポンサーリンク

IFN療法の単独または他の抗ウイルス薬との併用の有効性については論争があり、したがって、すべての結果を1つの独自の結論に統合することはより困難になっています。このレビューに基づいて、インターフェロン療法は、一般に、COVID-19のいくつかの臨床的側面を効果的に改善し、適切に適切な組み合わせで利用された場合、死亡率を低下させます。ただし、その効果はすべての研究グループで明確ではなく、患者の多型または病期に依存する可能性があります。 ウイルスのピーク前にIFNを投与すると、病理学的に悪影響を与えることなく最大の保護効果が発揮されることが強く示唆されています。 一方、感染の後期にIFNを投与すると、過度の炎症と直接的な組織損傷により、疾患の重症度が悪化します。 軽度から重度のCOVID-19患者に対するインターフェロンの臨床的有効性とその最適なタイミングと投与経路に関するさらなる調査は、COVID-19疾患に対する安全で機能的な抗ウイルス療法を見つけるのに役立ちます。

Google翻訳〔https://www.ncbi.nlm.nih.gov/labs/pmc/articles/PMC8662121/〕

新型コロナに限らず、未知のウイルスに対して有効となる治療法として、インターフェロンの投与が考えられるらしい。特にⅠ型インターフェロンは、人間に元々備わったウイルスに対する自然免疫を活性化させる為の細胞間情報伝達物質である。

引用にもあるように、投与の時期と用量を決めるのが難しいらしく、臨床実験を繰り返す必要があるらしい。今は新型コロナについてある程度分かっているが、初期の段階ではまずインターフェロンで重点的に治験するべきだったのかもしれない。

不良品疑惑が拭えない遺伝子ワクチンを幻とみなして仮に存在しないと考えた場合、既存の技術を用いたワクチンが完成するまでに少なくとも2年くらいは見込んでおく必要がある事になる。ありそうにもない話だが、続きがあるかもしれないし。

インターフェロンによる治療は早期発見・早期治療が鍵のようなので、治療の軸に据える場合には、今以上に充実した医療体制を整えておかなければならない事になる。実際、本物の生物兵器はこんなものではないのだろうし、備えは必要だろう。

不吉な予測ばかりしても仕方ないんだが、現実問題として、新型コロナウイルスの遺伝子配列を検証すると人造の可能性が高いらしい。悪い想定ばかりしても仕方がない事は分かってはいる。それでも、どうも予行演習のような印象もしてしまう。

要するに、インターフェロンに対する知見を積み重ねておけば、どんなウイルスに対応する必要が出てきてもある程度の初期対応が可能だという話である。兵器という意味ではウイルスよりは細菌の方がありそうなので、微妙なところではあるが。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
コロナ
スポンサーリンク
シェアする
ユダヤワールド