mRNAワクチン接種による疾患と機序一覧

コロナ
スポンサーリンク

mRNA SARS-CoV-2ワクチンは、Covid-19の公衆衛生危機に対応して市場に投入されました。 感染症の文脈でのmRNAワクチンの利用は前例がありません。 ワクチンmRNAの多くの変化は、mRNAを細胞防御から隠し、より長い生物学的半減期とスパイクタンパク質の高生産を促進します。 ただし、ワクチンに対する免疫応答は、SARS-CoV-2感染に対する免疫応答とは大きく異なります。 この論文では、ワクチン接種がI型インターフェロンシグナル伝達に深刻な障害を引き起こし、それが人間の健康にさまざまな悪影響を与えるという証拠を提示します。 ワクチンナノ粒子を取り込んだ免疫細胞は、離れた場所にあるレシピエント細胞にシグナル伝達応答を誘導する重要なマイクロRNAとともにスパイクタンパク質を含む多数のエクソソームを循環に放出します。 また、タンパク質合成の規制管理と癌の監視における潜在的な深刻な障害を特定します。 これらの障害は、神経変性疾患、心筋炎、免疫性血小板減少症、ベル麻痺、肝疾患、適応免疫障害、DNA損傷応答障害、腫瘍形成との因果関係がある可能性があります。仮説を裏付けるVAERSデータベースからの証拠を示します。 私たちは、mRNAワクチンの包括的なリスク/ベネフィット評価が、公衆衛生への積極的な貢献者としてそれらに疑問を投げかけていると信じています。

Google翻訳〔https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35436552/〕

遺伝子ワクチンで相変わらず、一定数の人が重い後遺症が残ったり死んだりして静かな衝撃が世界中に走っているわけだけど、大分臨床像が分かってきたのだから、適応禁忌を細かく決めれば解決するのではないか的な。

とはいえ、この件に関しては、ノババックス製の組み換えタンパクワクチンが承認されたので別枠で解決している。遺伝子ワクチンが不安だから避けるのは分かるけど、それをワクチン全般に広げる発想は理解出来ない。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
コロナ
スポンサーリンク
シェアする
ユダヤワールド