最近話題の子供の自己免疫性肝炎はワクチン接種が原因?

コロナ
スポンサーリンク

概要
背景と目的
自己免疫性肝炎のエピソードは、SARS-CoV-2感染とワクチン接種の後に報告されていますが、それらの病態生理学は不明なままです。ここでは、急性肝炎の二峰性エピソードを呈し、それぞれがBNT162b2 mRNAワクチン接種の2〜3週間後に発生し、根底にある免疫相関を特定しようとした52歳の男性の症例を報告します。患者は最初の経口ブデソニドを投与され、再発したが、全身ステロイド下で寛解を達成した。
メソッド
空間免疫プロファイリングのためのイメージングマスサイトメトリーは、肝生検組織で実施されました。フローサイトメトリーを実施して、CD8 T細胞の表現型を分析し、SARS-CoV-2特異的およびEBV特異的T細胞を縦方向に同定しました。ワクチン誘導抗体はELISAによって決定された。データは臨床検査室と相関していた。
結果
肝組織の分析により、汎小葉分布を有する活性化された細胞傷害性CD8T細胞によって定量的に支配される免疫浸潤が明らかになった。CD4 T細胞、B細胞、形質細胞、骨髄細胞の濃縮も、コントロールと比較して観察されました。肝内浸潤物は、末梢血と比較して、SARS-CoV-2特異性を有するCD8T細胞の濃縮を示した。特に、肝炎の重症度は、末梢SARS-CoV-2特異的の活性化細胞傷害性表現型と縦方向に相関しましたが、EBV特異的CD8+T細胞またはワクチン誘発免疫グロブリンとは相関しませんでした。
結論
COVID19ワクチン接種は、全身性免疫抑制を必要とするワクチン接種によって誘発される抗原特異的組織に存在する免疫に関連する独特の病態メカニズムを伴う、明確なT細胞優勢免疫介在性肝炎を誘発する可能性があります。
レイサマリー
肝臓の炎症はSARS-CoV-2感染中に観察されますが、ワクチン接種後に一部の人にも発生する可能性があり、自己免疫性肝疾患といくつかの典型的な特徴を共有しています。このレポートでは、SARS-CoV-2ワクチン接種後の肝臓炎症患者において、高度に活性化されたT細胞が蓄積し、肝臓のさまざまな領域に均一に分布していることを示しています。さらに、これらの肝臓浸潤T細胞内で、SARS-CoV-2に反応するT細胞の濃縮が観察され、これらのワクチン誘発細胞がこの状況で肝臓の炎症に寄与する可能性があることが示唆されました。

Google翻訳〔https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35461912/〕

最近、子供の原因不明の肝炎が増えているという話がニュースになっていて、アデノウイルスがとか阿呆な事が取り沙汰されているが、普通にワクチンなんじゃないかなと。

今までの研究で、mRNAは肝臓に蓄積する事が分かっているし、リンパ節を調べたら数ヶ月後にも残っていたし、産生されるSタンパク質の量は急性期の病態に匹敵した。

論文は難しいし機序はよく分からないと書いてあるので私が邪推しても仕方無いものの、素人目線ではワクチンの効き目が強過ぎて自己免疫疾患になっているように感じる。

自己免疫性肝炎は生涯に亘る治療が必要な重い病気で、一度罹ったら一生病院に通い続けなければならない。免疫を抑制する唯の対症療法だし他の病気にも罹りやすくなる。

あぁ、怖い。国やお医者様が打てと言うから、皆素直に信じて従っただけなのに、遺伝子ワクチンは副反応のフルコースで肝炎だけじゃないし、こんな仕打ちはあんまりだ。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
コロナ
スポンサーリンク
シェアする
ユダヤワールド