劇場型管理社会で生き残る方法はあるのか?

スピリチュアル
スポンサーリンク

霊と花嫁が共に言う。「来りませ。」これを聞く者も言うがよい。「来りませ。」渇いている者は来るがよい。命の水が欲しい者は、価なしに飲むがよい。

ヨハネの黙示録22.17

以前にも書いた事があるが、これまでの社会では情報は厳密に管理されており、地位に応じた質と量の必要な知識が与えられる体制だった。かつての体制では情報に毒が仕込まれるような事は無く、ただ選ばれし者の集団に所属していれば良かった。

情報化社会になり万人が平等に自分にとって必要な知識を必要に応じて手にする事が出来るようになったと思いきや、情報操作の手口が高度化して嘘や誤魔化しが金太郎飴のように増殖し、情報リテラシーが無い者が淘汰されかねない時代になった。

教育歴の話に還元するならば、ただ単に高い学歴を達成するだけで与えられる実務的知識で従っていれば何とかなるような状況では無くなったように見えるので、地頭だとかセンスだとか人脈だとか情緒といった、曖昧な概念に頼る人が増えそうだ。

前の記事にも書いたが、現在の教育制度では特殊な政治的介入が無ければ学歴に応じた教養が得られるようになっているので、自分自身の持つ判断力で生き残る事を目指すのであればある程度の経歴は必要だが、他に何が求められるのかという話だ。

結論から書くと個人的には、今まで通りに考えて今まで通りに行動するのが一番「まとも」な結果をもたらすだろうとしか言えず、いきなりドン・キホーテのように冒険的な気分になって新境地を追い求めたとしても、徒労に終わる事は間違いない。

現在のような非常事態になる前から準備を進めていたとかそういう問題ではなく、普通のやり方で成果を出すよりも特殊な新しいやり方で成果を出す方が難しいのであって、元々既得権益を持っている人でもない限り、成功すると考える根拠が無い。

今までのやり方が上手くいかなくなったように映るのは、新しい考え方が標準になった為ではなく、「ボーダーライン」の下限が篩い落としの為に今までより高く設定されている為であり、あくまで古き良き伝統に従い続ける事が最善の結果を齎す。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
スピリチュアル
スポンサーリンク
ユダヤワールドプログレス