鳴かぬなら〇〇〇〇〇〇〇ホトトギス

コロナ
スポンサーリンク

【検証①】 厚労省がワクチン接種日不明者を未接種にカウント

厚労省は、新規陽性者について、ワクチンを何回打ったか接種歴で分けてカウントしています。例えば、新型コロナに感染した人の中で、「ワクチンを打ったけど、いつ打ったか日付を覚えていない」と報告が上がった事例。本来であれば、接種済みにカウントされるはずの事例ですが、2回接種済みか3回接種済みかどちらか分からないので接種歴不明に入れざるをえません。しかし、厚労省は、4月上旬まで接種歴不明者を未接種者に入れてカウントしていたことが明らかになりました。まるでワクチンを打っていない人がより多く感染したかのように見えるデータになっていましたが、その後情報が修正されると、2回接種者の感染予防効果がマイナスに転じるデータへと変わりました。

ワクチンの感染予防効果に期待できることがうかがえるグラフだった

厚生労働省が発表しているワクチン接種歴別の新規陽性者数のグラフです。厚労省は、新型コロナワクチンを打っていない人、2回接種済みの人、3回接種済みの人、接種歴不明の人に分けて人口10万人あたりの新規陽性者数を公表しています。例えば4月4日から10日のデータを見ると、ワクチンを打っていない人と比べて、2回目、3回目を打ち終えた人の方が新規陽性者の数が少なく、ワクチンを打った方が感染予防効果に期待できることがうかがえます。

何かがおかしい… 日本のデータだけが高い感染予防効果を表す

しかし…。厚労省のデータが静岡県浜松市が公表しているデータと乖離していたことに、名古屋大学の小島勢二名誉教授は疑問を感じていました。

名古屋大学名誉教授 小島勢二医師
「海外からもオミクロン株に対しては効果が下がっているというデータがいくつか出ていますので日本だけどうして(感染予防効果が)こんな90%もあるのかなと不思議に思ったことが確かです」

接種歴不明者の数が何万人という形で乖離

ワクチンの接種歴別の陽性者数は国立感染症研究所と厚生労働省がそれぞれデータを公表。3月まで数え方に違いがあり比較ができませんでしたが、4月から厚労省が2回目と3回目の接種を分けて発表したことで比較が可能になりました。

名古屋大学名誉教授 小島勢二医師
「接種歴不明者の数が何万人という形で乖離しているのでここに何か一致しない可能性があるのではないか」

小島名誉教授は、データに大きな乖離があると国会議員を通して厚労省に指摘。すると、4月11日以降、これまでとは全く違う傾向のデータが発表されるようになりました。

接種日が不明な人を「未接種」から「接種歴不明」に変更すると

未接種の人も、2回打った人も、10万人あたりの新規陽性者数で大きな差は見られず、世代によっては2回打った人の方が上回っています。厚労省は、発生届にワクチンを打った人でいつ打ったか日付が書かれていなかった事例を未接種者にカウントしていたのです。

(5月30日内閣官房長官記者会見)

(記者)
「ワクチンデータの改ざんだと指摘する声は少なくありません」
(松野官房長官)
「接種していると届け出があった方を未接種として取り扱ったものではありません。ワクチンに関するデータについてはできる限り分かりやすい形でお示ししていくことが重要と考えており、引き続きそのような観点から周知に努めたいと考えております」

2回接種者の感染予防効果がマイナスに なぜ?

いつ打ったか分からない報告事例は、4月11日以降接種歴不明にカウントされるようになりました。しかし、小島名誉教授は、本来は2回目か3回目の接種者にカウントするべきと考え、4月11日から17日までのワクチン接種歴別の陽性者数の割合から数を試算。2回接種者、3回接種者に振り分けて感染予防効果を計算しました。すると、2回接種者の感染予防効果がマイナスに転じたのです。

名古屋大学名誉教授 小島勢二医師
マイナスになったということは、かえって感染率がワクチンを打った方が未接種者に比べて高くなってしまったということを表している。感染しやすくなってしまった。これは、今回私の話だけじゃなくて、デンマークとかイギリスとかでもそういうデータが出ています

なぜ打った人の方が感染しやすくなっているのか?

小島名誉教授は、ワクチンを打っていない人が慎重に行動し、打った人が安心して気が緩む社会行動の変化を疑いましたが、接種者と未接種者それぞれ408人に行われた直近のアンケート調査では、行動に変化が見られませんでした。

名古屋大学名誉教授 小島勢二医師
「帯状疱疹が増えていることを考えると、帯状疱疹は免疫が下がった時の1つのサインなんですね。そういうことを考えると、場合によっては免疫がワクチンによって下がってきているかもしれない」

厚生労働省の見解 集計方法の違いでデータの改ざんを否定

厚労省は「ワクチン接種者の中でどれくらい感染者が出たかを見るためで有効性を見るために作成したデータではない」と主張しています。なぜ未接種にカウントしていたかについては、「陽性者の発生届を入力する際、政府の情報共有システム「HER-SYS(ハーシス)」では、ワクチンの接種歴の項目を何も選択しなければ未接種扱いで設定されていた。2021年12月からシステムを変更したが、データの継続性の観点から、その後も未接種にカウントし続けて変更せずにいた。集計方法の違いである」と回答し、データの改ざんを否定しています。

〈後略〉

https://news.yahoo.co.jp/articles/0cf1122ab31210e8f5fd8bb14e8eec53e58e50e6

私個人は、宗教家の端くれとしてコロナワクチン禍(4回まで)を握り潰す為の徴が顕されたと信じているし、そもそもワクチンを打ってないので自分とは関係が無い。

政治家の方は徴なんか分からないだろうし、自分達の失政が明らかになって首が飛ぶのは嫌だが、死んでしまったら元も子も無いので完全に握り潰すわけにもいかない。

苦しい板挟みで難しい綱渡りを迫られているようだ。個人的には、この徴が手品なのか呪術なのかも科学に準拠しているかも分からないので、見なかった事にしている。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
コロナ
スポンサーリンク
シェアする
ユダヤワールドプログレス