パクスロビドの安全性に期待

コロナ
スポンサーリンク

ニルマトレルビルはPAXLOVIDの主要成分であり、SARS-CoV-2.8の主要プロテアーゼを阻害します。大規模な第2/3相試験の結果では、PAXLOVIDで治療されたCOVID-19患者の入院または死亡のリスクが89%減少したことが報告されています。オミクロン変異体に対するニルマトレルビルの効果は不明なままであるため、オミクロンに感染したCalu-3細胞を一連の濃度のニルマトレルビルで処理しました。 細胞内ウイルスゲノムRNAの強力で用量依存的な阻害が観察されました(図1e)。 0.1μMの低濃度では、すでにオミクロンウイルスRNAが79.9%±8.3%減少しています(平均±SD、n = 5; P = 0.0043)。 2.5μM以上の濃度で完全な阻害が達成されました。 用量反応曲線は、WTに対して0.1765μM、オミクロンSARS-CoV-2に対して0.02462μMのIC50を計算しました。 これらの曲線は、親のWT SARS-CoV-2と比較して、オミクロンがCalu-3細胞モデルでニルマトレルビルに対してわずかに感受性が高く、試験した濃度で細胞毒性が観察されなかったことを示唆しています(図1f)。 これらの結果と一致して、ウイルス力価の定量化(図1g)およびヌクレオカプシドタンパク質の染色(図1d)により、強力な阻害が確認されました。 2.5μMの濃度で、ニルマトレルビル治療はオミクロンの感染力価を1200分の1以上減少させました(図1g)。 ワクチン接種を受けた個人のブレイクスルー感染を模倣するために、Calu-3細胞をCOVID-19ワクチン接種後の血清とインキュベートし、WTまたはOmicronSARS-CoV-2を接種しました。 我々は、WT SARS-CoV-2が血清の存在下で増殖できなかったのに対し、オミクロンは低レベルではあるが複製できることを発見した。

Google翻訳〔https://www.nature.com/articles/s41422-022-00618-w〕

パクスロビドはニルマトレルビルとリトナビルの2つの薬剤を組み合わせた、新型コロナに特化したメインプロテアーゼ阻害薬と呼ばれるものである。

ニルマトレルビルがその役割を担っており、増殖するウイルスタンパク質の裁断を防ぐ。リトナビルはその代謝の制御といった補助的な役割を果たす。

不良品疑惑があるmRNAワクチンを開発したファイザー社の製品という事で最初から考慮していなかったが、モルヌピラビルを回避する必要がある。

この際、先入観は排して遺伝子が絡んでいなければ何でもありだという視点から見る事にすると、オミクロン株も含めて素晴らしい薬効があるようだ。

やはり西洋医学を基調とした治療が基本であるので、既存の手段を全て使っても駄目だった場合には、東洋医学などの代替医療の出番が来る事になる。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
コロナ
スポンサーリンク
シェアする
ユダヤワールド