カナダの非常事態宣言〜民主主義は滅びるのか〜

スピリチュアル
スポンサーリンク

抗議は、進行中のCOVID-19パンデミックの間にカナダでのワクチン義務の終了を要求します。フリーダム・コンヴォイのスポークスマン、ベン・ディヒターはフォックス・ニュースで、「ワクチンの義務と(ワクチンの)パスポートを取り除きたい。そしてそのパスポート、それは本当に心配なことだ」と述べた。
護送船団がオンタリオに到着すると、当初の目標から拡大し始めました。 何人かの抗議者は、ジャスティン・トルドーによる権威主義と汚職の認識に反対を表明し、彼を「不在」にしたいと述べたが、他の抗議者は「これはワクチン接種反対運動ではなく、自由運動である」と述べた。 カナダユニティのオンタリオ州の護送船団の主催者であるジェイソン・ラフェイスは、抗議の意図は政府を解散させることであると述べた。

Google翻訳〔https://en.wikipedia.org/wiki/Freedom_Convoy_2022〕

最初はあんまり気にしてなかったんだが、トラック野郎達がワクチン接種義務化に反対してカナダの首都オタワに集結して大騒ぎになっているらしく、逮捕者まで出ているらしい。

何日か前には非常事態宣言が出て、トルドー首相一家は逃亡中らしい。ワクチンに端を発した自由を求める運動が、現政権への不満も重なって統治への批判に発展しているらしい。

一昔前なら、こうした方法は効果があったのかもしれない。中国を中心とした共産主義の波が世界中に押し寄せている今となっては、ただ犯罪者扱いされて終わりそうな気もする。

先進国の住民は老いたように感じる。自由を勝ち取っても責任を取る事ができない。特に西洋社会は、古臭い聖書の物語に取り憑かれている印象がある。恐らくは失敗するだろう。

日本は大丈夫なのだろうか。諸外国と比べると、上手くやっているというよりは、単に論外で相手にされていないようだが、鎖国していた時代は遅れていたなりにも自立していた。

中国が世界を支配する日が近いのかもしれない。或いは、国家を超えた権力と統治体制が出現するのだろうか。誰かが核のボタンを押せば世界は終わるのだから、簡単ではないが。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
スピリチュアル
スポンサーリンク
ユダヤワールドプログレス