コロナウイルス進化論〜英国政府の恐るべき予測〜

コロナ
スポンサーリンク

SARS-CoV-2変異体の限界とその表現型の結果は予測可能か?

シナリオ1:これまでに発生したよりも多くの割合で重篤な疾患を引き起こす変異。 たとえば、SARS-CoV(約10%の致死率)やMERS-CoV(約35%の致死率)などの他の人獣共通コロナウイルスと同様の罹患率/死亡率を示す。
1.点突然変異または他の宿主またはウイルス遺伝子との組換え
2.2つのVOCまたはVUI間の再結合による
内部遺伝子の遺伝子型変化の可能性:高い
重症度の表現型が増加する可能性:現実的な可能性

シナリオ2:現在のワクチンを回避する変異株。
1.抗原の「シフト」:ヒトCoVMERS-CoV(MERS-CoV感染の頻度が低いため、可能性は非常に低い)または現在循環している風土病のヒトCoV(これらのウイルスの蔓延が原因である可能性が高い)とは、異なるスパイク遺伝子配列(または部分配列)を挿入する自然組換えイベント。
可能性:現実的な可能性
影響:完全に新しいスパイクの場合は高、季節性CoVからのスパイクが導入された場合は中/低。これは、人口の一部がこれらの風土病ウイルスに対する抗体を持っていると予想されるため。
2.SARS-CoV-2が動物の病原体保有への可逆的な人獣共通感染症を起こすシフトの長期バージョン。
可能性:現実的な可能性
影響:中
3.抗原連続変異:最終的に現在のワクチンの失敗につながる抗原変異の段階的または断続的な蓄積。
可能性:ほぼ確実
影響:中
シナリオ3:抗ウイルス戦略後の薬剤耐性変異体の出現。
1.直接作用する抗ウイルス療法の投与後の新しい変異体の出現。
可能性:高い-薬が正しく使用されていない限り。
影響:薬物がより広く必要とされるシナリオが発生しない限り、中程度。

シナリオ4:SARS-CoV-2は、病原性が低下した進化の軌跡をたどる。
1.ウイルスが風土病感染になるヒト宿主に完全に適応するようになるにつれて、伝染性は増加するが病因/病原性は減少することで生じる変異体。
可能性:短期的にはありそうもない、長期的には現実的な可能性。

Google翻訳+〔https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/1007566/S1335_Long_term_evolution_of_SARS-CoV-2.pdf〕

何の資料は不明だが、英国政府の見解によると、新型コロナウイルスの長期的な進化の軌跡の可能性として主に4系統7種類の未来が想定されるらしい。

現在流行しているオミクロン株がシナリオ4の、病原性が低下して自然の風邪になりエンデミックを迎える流れに当てはまるに違いないという判断の下、

英国では、各種規制を撤廃し日常を取り戻す事が進められているが、シナリオ2―2の人畜共通感染症の変異蓄積バージョンに当てはまる可能性も高い。

シナリオ1のように、より凶悪な致死率を持つ変異株が誕生する可能性もあるようなので、現時点でそのような変異株が誕生していないのは僥倖だろう。

シナリオ2ではワクチン接種による、シナリオ3では薬剤投与による新たな変異株の誕生を示唆しており、対策不能である事が判明したのかもしれない。

オミクロン株によってエンデミックを迎えるという予測通りになればいいと思うが、政治的には最悪の事態を想定して対応する必要があるのではないか。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
コロナ
スポンサーリンク
シェアする
ユダヤワールド