EQ概論

スピリチュアル
スポンサーリンク

今回はEQが主題である。有名な概念なので既に知っている人も多いかもしれない。

EQとは何か?

心理学者のピーター・サロベイとジョン・D・メイヤーによると、EQの定義は、
「自分と他人の感情や情動を、監視し、識別し、その情報から自分の思考や行動を導く能力」
となる。

EQを向上させる事で、
①仕事のパフォーマンスが上がる
②強力なリーダーシップが身に付く
③人生の幸福度が高まる
といったメリットがある。

EQを構成する5つの要素

心理学者のダニエル・ゴールマンによると、EQは5つの要素からなる。

自己認識…自分の気持ち・好き嫌い・向き不向き・直感を把握する事

自己認識はEQの基礎をなす能力である。情動を明瞭に自覚し、正確な自己評価を行い、自信を身に付ける事が出来る。生理的な要素が強い。

自己統制…自分の衝動を管理し、行動に責任を取り、変化に柔軟に対応する事

自己統制も同じくEQの基礎をなす能力である。刺激と反応の間に一呼吸置く事で自制心を強化して、誠実な人間となる事を目指す。心理的な要素が強い。

自己動機付け…目標に向かって自分を奮い立たせる事

自己動機付けも同じくEQの基礎をなす能力である。自分の頭を整理する事で、無駄の無い努力を継続的に実践する事が出来る。心理的な要素が強い。

共感能力…他者の気持ち・衝動を把握する事

共感能力は他者の存在を前提としたEQの応用面となる。鍛え上げた堅固な自己認識を対人関係に向ける事で、相手の内面や集団の力関係を正確に把握する事が出来る。生理的な要素が強い。

社会的技能…他者の反応を上手く引き出す事

社会的技能も同じく他者の存在を前提としたEQの応用面となる。実社会で生きていく上で、自然に身に付く経験知としての対人関係のテクニックはこの能力に分類される。心理的な要素が強い。

EQを向上させる方法

心理的テクニックとしてのEQ

EQは生まれつきの才能ではなく、学習によって向上させられる能力であるとされている。
勉強して知識を身に付けたり様々な経験を積んでいくうちに、どういった場合にどういった対応をすれば良いのかが分かるようになる。

生理的技術としてのEQ

一方で、EQはマインドフルネス瞑想によって向上させる事も出来る。
武道・ダンスのように体の細部にまでに注意を集中し続ける必要がある運動によっても鍛えられる。

まとめ

心理面と生理面の両方からアプローチする事で、更なるEQの向上が見込める。

↓ブログのランキングサイトに参加しています。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
スピリチュアル
スポンサーリンク
シェアする
ユダヤワールド