認定精神障害は一種のステータス(普通はどんなに努力しても得られない)

スピリチュアル
スポンサーリンク

子よ、もし友の保証人となって
よその者に手を打って誓い
あなたが自分の口から出た言葉によって罠にかかり
自分の口から出た言葉によって捕らえられたなら
子よ、その時にはこうして自らを救い出せ。
あなたは友の手中に落ちたのだから
気弱にならず、友にうるさく求めよ。
あなたの目に眠りを
まぶたにまどろみを与えるな。
狩人の手から逃れるガゼルのように
その手から逃れる鳥のように、自らを救い出せ。

箴言6.1ー5

学歴魔法界説を前提とした場合も勿論だが、常識的な世の中の仕組みとして、医学者を中心とする医療業界がビジネスで人の生き死にや病気による苦楽を決める権限を与えられるのは周知の事実であると思う。

私もあらゆる局面で粗相を繰り返した結果、標的として選ばれてしまったので覚醒して主の御心に従う選択をした結果、物理的なボコられは何とか躱しきって懲罰を精神の病の範疇に落とし込む事に成功した。

スピリチュアルの分野では、医学に頼らない魔術のような民間療法から東洋医学に則ったアカデミックな分野に近い内容まで様々あるが、現実的に、身体的疾患の治癒は難しく、精神病も中等症以上は無理だ。

これは勿論様々な非科学的に映る方法論を全否定しているわけではないし、私がそれ程深い知識を持っているわけでもないので一般論だが、そもそも代替療法の本質を直接掲げている治療体系はあまり無い。

言い換えれば、代替療法はただの通過儀礼で手の内は見せず、過程をこなした者には暗黙的にアカデミックな範疇で説明可能な高等サービスを提供するだとか、本当に効く代替医療を施術するだとかになる。

私はそんな金もコネも無いので非課金クラスのサービスでやりくりするしか無いわけだが、繰り返しになるが、まずは身体疾患を全力で回避した上で、精神病の治療には薬物療法と心理療法の併用が必要だ。

精神病にも遺伝的な原因が主の場合と環境的な要因が主の場合がある。医療業界の標的になった場合は、大物では遺伝的弱点を時間を掛けて研究した上で、標的特異的環境調整を行って暗殺する方向で進む。

この辺はあまり詳しくは書けないものの、治療の上で重要なのは薬物療法を前提とした心理療法の実践で、日本の主流派は薬物療法だけに頼る事が多く、過激派は心理療法だけに頼る事が多いが、間違いだ。

急性期的な症状や不適応に繋がる習慣は抗精神病薬で強制終了するしかない。重症の精神病者を見た事が無い人は精神の狂気を甘く見ており、見た目重そうに見えない人だと精神科医でも投薬の加減を誤る。

依存中毒性のある薬は出来るだけ避けた方が良いのかもしれず、私は飲んだ事無いので分からないが、一般論としては精神を安定させる事が何よりもまず優先されるべきなので、廃人化を恐れてはならない。

多くの主流な精神科だとここで終わってしまうが、本来は精神を安定させた上でその健康状態で出来る範囲で、地道に心理療法に取り組み続けると徐々に根本的な原因が氷解して良くなっていく希望がある。

投薬を抑えればより心理療法に邁進出来る点では他の人達よりもスピーディーに寛解や回復、ないしそれ以上に向かいうる可能性があるが落とし穴も多いので、自己流だと特に逆に病状が悪化する事がある。

やはり一般論としては、精神保健指定医の資格を持つ医者に公認心理師の資格を持つカウンセラーを付けるのが治療の王道で、出来ればダブルホルダーではなく別々の人物の方が洗脳のリスクを避けられる。

具体的にどの薬を使えば良いかやどの流派の方法論を使えば良いかをどの程度委任するかだが、専門家は定期モニタリング要員と考えて試行錯誤で自分に合った方法を探すのが大変なようで一番無難だろう。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
スピリチュアル
スポンサーリンク
ユダヤワールドプログレス