【迷走】スパイクタンパク質ががんの進行を食い止める可能性

コロナ
スポンサーリンク

前立腺癌細胞の生存に対する分離されたSARS-CoV-2スパイクタンパク質の影響を調査すること。 LNCaP前立腺癌細胞の生存に対するSARS-CoV-2スパイクタンパク質の影響は、クローン形成細胞生存アッセイ、迅速な細胞増殖アッセイ、およびカスパーゼ-3活性キットを使用して評価されました。 基礎となる分子メカニズムを調査するために、RT-PCRと免疫組織化学を実施しました。 SARS-CoV-2スパイクタンパク質は、前立腺癌細胞の増殖を阻害し、アポトーシスを促進することがわかりました。 さらなる調査により、抗増殖効果が増殖促進分子サイクリン依存性キナーゼ4(CDK4)のダウンレギュレーションと関連していることが明らかになりました。 アポトーシス率の増加は、アポトーシス促進分子であるFasリガンド(FasL)のアップレギュレーションと関連していた。 SARS-CoV-2スパイクタンパク質は、CDK4の発現をダウンレギュレートすることとFasLをアップレギュレートすることの2つのアプローチにより、invitroでLNCaP前立腺癌細胞の増殖を阻害します。 COVID-19ワクチン接種によるSARS-CoV-2スパイクタンパク質の体内への導入は、患者の前立腺癌を阻害する可能性があります。COVID-19ワクチンと前立腺癌抑制との間のこの潜在的な有益な関連性は、ヒトモデルにおけるin vivo効果について結論を出す前に、より広範な研究を必要とします。

Google翻訳〔https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35059896/〕

この論文には、試験管内の実験でスパイクタンパク質が前立腺がん細胞の増殖を抑えたと書いてある。CDK4やFasは前立腺に限った話ではない筈だから、前立腺に限らず全身のがんの成長を食い止める効果があるのかもしれない。

この事実は現在実用化されて流通している全てのワクチンに当てはまるので、特に遺伝子ワクチンのみを後押しする材料とはならないが、噂で聞いた話ではがんを促進させるって話だったので、逆だなぁって思った。一石二鳥だってさ。

とはいえ、素人目で考えると、がん細胞の増殖を食い止める事自体は素晴らしいが、普通の健康な細胞に悪影響が出ないのかどうかが気になる。抗がん剤治療をしたらそれこそあらゆる責め苦に苛まれるが、本当に朗報だと言えるのか。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
コロナ
スポンサーリンク
ユダヤワールドプログレス