【期間限定】Coursera(Google Cloud)無料キャンペーン

スピリチュアル
スポンサーリンク

今、期間限定で(10月7日から)11月6日まで、先着10万回分まで、コーセラのGoogle Cloudの授業が無料で受けられる。

各コースは180日間、専門講座やプロフェッショナル認定は1ヶ月間無料で、日本語版もあるので、この機にスキルアップを目指そう。

詳しくはこちらをクリック

因みに、どうでもいい話だが、私自身もCourseraを受講している。
Google Cloudが提供する、
Getting Started with Google Workspace(修了)、
Google Workspace Administration、
Google Cloud Digital Leader Training、
Architecting with Google Compute Engine(受講中)、
Preparing for Google Cloud Certification:Cloud Engineer(受講中)、
Architecting with Google Kubernetes Engine、
Preparing for Google Cloud Certification:Cloud Architect、
Developing Application with Google Cloud、
Googleが提供する、
Google IT Support(修了)、
Google IT Automation(受講中)、
Google Project Management(1−3のみ、修了)、
Google UX Design(1のみ、修了)、
Google Data Analytics(1−5のみ)、
の計50コースを修了する予定。
そして、健康上の理由により、目標年収は200万円。
まぁ、一種のテレビゲームだと思って、気負わずにやっていく。
edXでも何科目か取っている。
The University of Tokyoが提供する、
Sustainability Science(修了)、
Contemporary Japanese Society(修了)、
TokyoHillside, TokyoRiverside(修了)、
Kyoto Universityが提供する、
Evolution of the Human Sociality(修了)、
Introduction to Animal Ethics(修了)、
の計5コースである。
学歴コンプレックスだったので、何となく取ってしまった(笑)。

学校のように単位や学位が貰えるわけではないし、日本だと就職に有利に働くわけでもないんだが、一度修了すれば、専属の常駐ヘルプデスクがつくのと同じ効果があるように感じる。

学校で授業を受けるメリットは担当教官の有り難い「学問」にモルモットとして参加出来る事くらいで、授業で良い評定を取るメリットはより安全な実験に参加出来る事くらいである。

それに、おまけで起こる資源の融通の話になってくると、大企業や公的機関では規模が違う。一般的な教育制度より有志のリカレント教育の方が優れているんじゃないかとすら感じる。

まぁ、スピリチュアル的な我流の解釈なので、私の気の所為かもしれないが。

↓ブログのランキングサイトに参加しています。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
スピリチュアル
スポンサーリンク
シェアする
ユダヤワールド