日以宇三国同盟・WW3〜常任理事国全部敵/猶太世界を守る為の戦い〜

スピリチュアル
スポンサーリンク

こうして、イスラエル人の全会衆はエリムをたち、エリムとシナイの間にあるシンの荒れ野に入った。それは、エジプトの地を出て、第二の月の十五日のことであった。
イスラエル人の全会衆は荒れ野でモーセとアロンに向かって不平を言った。
イスラエルの人々は二人に言った。「私たちはエジプトの地で主の手にかかって死んでいればよかった。あのときは肉の鍋の前に座り、パンを満ち足りるまで食べていたのに、あなたがたは私たちをこの荒れ野に導き出して、この全会衆を飢えで死なせようとしています。」
そこで主はモーセに言われた。「今、あなたがたのためにパンを天から降らせる。民は出て行って、毎日、一日分を集めなさい。これは彼らが私の律法に従って歩むかどうかを試すためである。
六日目に持ち帰ったものを整えると、日ごとに集める分の二倍になるだろう。」
そこでモーセとアロンは、イスラエルの人々すべてに言った。「夕方には、あなたがたは主があなたがたをエジプトの地から導き出されたことを知り、
朝には、あなたがたは主の栄光を見る。あなたがたの主に対する不平を主がお聞きになったからだ。あなたがたが私たちに向かって不平を言うとは、私たちを一体何者だと思っているのか。」さらにモーセは言った。「主が夕方にはあなたがたに食べる肉を与え、朝には満ち足りるほどパンを与えてくださるのは、あなたがたが並べ立てた不平を聞かれたからである。私たちを一体何者だと思っているのか。あなたがたが不平を言ったのは、私たちに向かってではなく、主に向かってなのだ。」
モーセはアロンに言った。「イスラエル人の全会衆に言いなさい。『主の前に近づきなさい。主はあなたがたの不平を聞き入れられた。』」
アロンがイスラエル人の全会衆に語っているとき、彼らが荒れ野の方を向くと、主の栄光が雲の中に現れた。
そこで主はモーセに告げられた。
「私はイスラエルの人々の不平を聞いた。彼らに伝えなさい。『夕方には肉を食べ、朝にはパンで満ち足りるであろう。あなたがたは私が主、あなたがたの神であることを知るようになる。』」
さて夕方になると、うずらがやって来て宿営を覆い、朝になると、宿営の周りに露が降りた。
降りた露が上がると、荒れ野の地表に薄く細かいものが、地の上の霜のようにうっすら積もっていた。
イスラエルの人々はそれを見て、「これは何だろう」と互いに言った。彼らはそれが何か分からなかったのである。そこでモーセは彼らに言った。「これは、主があなたがたに食物として与えられたパンである。
主が命じられた言葉はこうである。『それぞれ自分の食べる分を集め、一人当たり一オメルずつ、自分の天幕にいる人数に応じて取りなさい。』」
イスラエルの人々はそのとおりに行った。ある者は多く集め、ある者は少なく集めた。
しかし、オメル升で量ると、多く集めた者も余ることがなく、少なく集めた者も足りないことはなく、それぞれ自分の食べる分を集めていた。
またモーセは彼らに、「誰もそれを翌朝まで残さないように」と言った。
しかし一部の者はモーセの言葉に耳を貸さず、それを朝まで残しておいた。すると虫が湧いて臭くなったので、モーセは彼らに対して怒った。
それで、彼らはそれぞれ朝ごとにその食べる分に応じて集めた。日が熱くなるとそれは溶けてしまった。
六日目になると、彼らは二倍のパン、すなわち一人当たり二オメルを集めた。会衆の代表者は皆モーセのもとにやって来て、そのことを報告した。
そこでモーセは彼らに言った。「主が仰せになったことはこうである。『明日は安息の祝い、主の聖なる安息日である。焼くべきものは焼き、煮るべきものは煮、余ったものはすべて自分のために朝まで保存しておきなさい。』」
彼らは、モーセが命じたとおり、それを朝まで取っておいたが、臭くもならず、蛆も湧かなかった。
モーセは言った。「今日はそれを食べなさい。今日は主の安息日、今日は野では何も見つからない。
あなたがたは六日間それを集めるが、七日目は安息日であるから、野には何もない。」
七日目になると、民の中から一部の者が出て行って集めようとしたが、何も見つからなかった。そこで主はモーセに言われた。「あなたがたはいつまで私の戒めと律法を守ることを拒むのか。
見よ、主はあなたがたに安息日をお与えになった。それで六日目に、主は二日分のパンをあなたがたにお与えになる。七日目には、それぞれ自分のところにとどまり、その場所から出ないようにしなさい。」
民はこうして七日目に休んだ。
イスラエルの家では、それをマナと名付けた。それはコリアンダーの種のようで、白く、蜜の入った薄焼きパンのような味がした。
モーセは言った。「主が命じられたことはこうである。『マナでオメル升を満たし、代々にわたって保存しなさい。そうすれば、あなたがたの子孫は、私がエジプトの地からあなたがたを導き出したときに、荒れ野で食べさせたパンを見ることができる。』」
モーセがアロンに、「壺を一つ取って、その中にちょうど一オメルのマナを入れて、それを主の前に置き、代々にわたって保存しなさい」と言うと、
アロンは、主がモーセに命じられたとおり、それを証しの箱の前に置いて保存した。
こうしてイスラエルの人々は、四十年の間、人の住む地に入るまでマナを食べた。すなわち、彼らはマナを、カナンの地の境に至るまで食べた。
一オメルは一エファの十分の一である。

旧約聖書〔聖書協会共同訳〕

猶太文化を保守する上では以色列を死守するのは当然だが、宇克蘭も首相と大統領が同時に猶太人となった初の国家という点と日本と同じレベル7の原子力災害に遭った国という点の2点から、共に戦う決心をした。

それに、露と宇の関係は中国と日本の関係に物理的に綺麗に対応していて、選民(基督教含む)で起きた出来事が遅れて異邦人国家で起こる考え方が浸透しているので、今回の戦争の結果は日本の命運を左右しうる。

タイトルにもあるように、常任理事国全部+印度が敵国であり、以宇の他に雨埃和は味方だ。ある程度は冷戦として処理されるだろうから目に見えるドンパチになるとは限らないが、本土にまで戦火が及べば終わり。

私は猶太人に関心がある。この世界を裏から操っていると言われたり迫害されて生き残り続けていたり、謎の多い民族である。今回の戦争に負ければ猶太人の正体が分からないまま消えてしまって、分からず終いだ。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
スピリチュアル
スポンサーリンク
シェアする
ユダヤワールドプログレス