既得権益に目が眩むような事は決してあってはならない

スピリチュアル
スポンサーリンク

その祝宴が一巡りする度に、ヨブは使いを送って子どもたちを聖別し、朝早く起きて、彼らの数に相当する焼き尽くすいけにえを献げた。「もしかすると子どもたちは罪を犯し、心の中で神を呪ったかもしれない」と思ったからである。ヨブはいつもこのようにしていた。

ヨブ記1.5

私の目が節穴なだけかもしれないが、インターネットとSNSが普及した今は特に、幅広い様々な機関にアプローチする方法が用意されているので、自分の欲しい種類と分量の既得権益を手にする事が出来るように映る。

以前にもどこかで書いた事があるかもしれない内容で、自分の好きな課題に真面目に取り組むだけで、何も特別な事をしなくとも各種の権益にまつわる慣習が自然の成り行きで身に着いて御相伴に預かれるようになった。

既得権益はどちらかというと聴覚的な象徴で表現されるべきもので、面白いのがdB(デシベル)という音量の単位である。普通は大きい程数字が大きくなるのに、音量は大きい程数字が小さくなるが、どうしてなのか。

現代の既得権益は必要な情報が流れてくるかどうかの部分が大きいが、dBで喩えられるように、科学的に過不足無い最も少ない知る手掛かりを用意した時に、最も大きな権力が動く事を暗示する、政治的情報力である。

当然「耳」の良さも重要になってくるが、エチケットとしては相手に聞き取れる最低の音量を使うのが理に適った運用方法であって、コソコソと耳元で囁くように密かに必要な情報を派閥に適切に流す能力が欠かせない。

そもそも政治には関わらずに、純科学を追求する方が実り多い人生になると個人的には確信しているが、科学的で更に政治が上乗せされる場合もあるので、私の「聴力」で聞き取れる内容に関して言えば、乗るしかない。

資本主義社会の先進諸国の住民は、エリート教育を受けた層でも資本の多寡だけが物を言うと考えている人が少なくなく間違ってはいないが、他にも考慮すべきファクターが有り得る事も念頭に研究する方が安全である。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
スピリチュアル
スポンサーリンク
ユダヤワールドプログレス