抗体カクテル療法

コロナ
スポンサーリンク

カクテル療法(カクテルりょうほう)とは、複数の薬を各人の症状・体質に合わせて組み合わせて投与し、症状を抑える治療法。別名多剤併用療法とも呼ばれている。後天性免疫不全症候群(AIDS)の治療などで知られている。2021年には、2019新型コロナウイルス感染症に対する治療薬として、2種類のモノクローナル抗体を同時に投与することで治療効果を高める抗体カクテル療法が登場し、カシリビマブ・イムデビマブやバムラニビマブ・エテセビマブが実用化されている。

カクテル療法〔ウィキペディア〕

事情があってワクチンが打てない人の為の治療法として、抗体カクテル療法と呼ばれる方法があり、発症後一週間以内の軽症・中等症の患者に対し点滴して用いる。

既に効果が上がっている組み合わせとしてカシリビマブ・イムデビマブやバムラニビマブ・エテセビマブがあり、前者はロナプリーブとして日本で世界に先駆けて特例承認された。

これらの候補に限らず、人工的に作った二種類の抗体を投与するこの方法は、遺伝子ワクチンよりも作用機序の上での安全性が高いと考えられる。

ワクチンの効果が切れた人に対しても有効であると考えられるが、単価が高い点と処方の難易度が高い点が障壁としてある。

将来的には、未知の変異株にも適用出来る汎用的な抗体カクテルが開発される事が期待出来るだろう。

↓ブログのランキングサイトに参加しています。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
コロナ
スポンサーリンク
シェアする
ユダヤワールド