ノババックスの余裕〜何の副反応も無い〜

コロナ
スポンサーリンク

2月10日(ロイター)-Novavax Inc(NVAX.O)は木曜日に、12〜17歳の10代の若者を対象としたショットをテストする後期試験で、2回接種ワクチンがCOVID-19に対して80%有効であると述べた。 この試験には2,247人の青年が参加し、昨年5月から9月にかけて、米国でデルタ型が優勢な株でした。 ワクチンは変異体に対して82%有効でした。

Novavaxは、青年期のデータに心筋炎の発生は見られなかったが、ワクチンをより多くの人々に展開する際に、炎症性心臓病やその他の有害事象を注意深く監視していると述べた。 「したがって、ワクチンをより多くの人々に展開する際に、ワクチン接種に関連するこの有害事象やその他の有害事象に非常に注意を払っています。安全性の観点から、私たちの最大のパフォーマンスがどのようになっているのかを一般市民や規制当局に確実に知らせることができます。 「チーフメディカルオフィサーのフィリップドゥボフスキーは言った。

Google翻訳〔https://www.reuters.com/business/healthcare-pharmaceuticals/novavax-says-covid-19-shot-80-effective-adolescent-study-2022-02-10/〕

まぁ、遺伝子ワクチンではないのだから予期せぬ副反応がある方が珍しいんだが、やはり何の副反応も報告されなかったらしい。スパイクタンパク質の産生量を通常の感染と比べて少なく保つ事ができる当たり前の点も大きいかもしれない。

遺伝子ワクチンに関する研究ではあるが、抗原原罪については一時的なものなので特に問題は無く、数ヶ月経てば元の状態に戻るという結果が出ているようだ。同じスパイクタンパク質を導入するノババックス製も同じであると推定される。

また、臨床試験の結果を自分で見て分かったんだが、ノババックス製のワクチンは液性免疫だけでなく細胞性免疫も強固に誘導するらしい。この点は受容体結合領域だけを使うより安全なワクチンと比べて強みであると言えるかもしれない。

あらゆる種類のワクチンが選択肢として存在するのにも関わらず、遺伝子ワクチンのみを選択する目端の利かなさ。国産のワクチンに至っては未だに完成していない技術力のなさ。混沌とした茶番じみた施策。日本は映画の中の世界である。

↓【おすだけで めざめるあなたの ユダヤパワー】(笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ精神世界ランキング
コロナ
スポンサーリンク
シェアする
ユダヤワールド